レトルトカレー2 スコア55〜50




評  価:55
品  名:インド風カレー ひき肉とガルバンゾとマッシュルームのカレー
メーカー:ハチ食品
価  格:100円以下
具:ガルバンゾ、マッシュルーム
具の大きさ:中
具の量:中
インド風。「風」ってのが控えめで好感が持てる。
ハチ食品のカレーはこの値段ながら頑張っているといつも思う。

評  価:55
品  名:金沢カレー 野菜
メーカー:佃食品
価  格:472円
具:じゃがいも 大根 人参 れんこん 具の大きさ:中大 具の量:中
金沢カレーの生みの親(?)である佃食品のレトルト。
野菜の品数が多いのが嬉しい。大根は4切れ、れんこんは1切れだった。
ルーは日本風。

評  価:55
品  名:バスセンターのカレー
メーカー:新潟交通商事(株)
価  格:525円
具:豚肉 たまねぎ にんじん  具の大きさ:中  具の量:中
万代シティバスセンター内にある、立ち食いそば屋のカレーを再現した
レトルトカレー。

ぷるぷるの黄色い小麦粉カレーだ。たまに食べたくなるよね。
本物はとんこつスープで伸ばしていて、たまねぎがシャキシャキしていると
聞いているが、本商品のたまねぎは溶けている。

量はたっぷり220g 1.5人前だ。
思ったよりも薄味だし、オイリーでもない。ぺろっと食べられる。

芸能人も絶賛のこのカレー。いつか本物を食べに行きたい。

評  価:55
品  名:S&Bピアット 欧風ビーフカレー プティフ・ア・ラ・カンパーニュ監修
メーカー:S&B
価  格:346円
具:牛肉  具の大きさ 中 具の量 中(3個ぐらい)
御飯が鶏がらスープで炊き上げてある。御飯単体で食べればその味が
わかるのだが、カレーと一緒だとそれ程差異を感じない。
カレーは甘辛。これも牛脂、豚脂が強めだった。満腹感は得られる。
後半少し飽きてきた。

評  価:55
品  名:レモンチキンカレー
メーカー:キャメル珈琲
価  格:288円
具:鶏肉 たまねぎ  具の大きさ:中  具の量:少
KALDI製。
パッケージが淡いイラストで、トイレの芳香剤を思い起こさせる。

ココナッツミルクベースでイエローカレーみたいな色。
レモンが思ったより多く入っており、酸味がしっかりと感じられる。
このレモンの量は評価したい。レモンカレーだからな、これぐらい
酸っぱくないとね。


評  価:55
品  名:中村屋技あり仕込みビーフカリー
メーカー:
価  格:232円
具:玉ねぎ じゃがいも 牛肉  具の大きさ:中  具の量:中
レンチン商品。(湯せんも可)
それなりの大きさのじゃがいもが5片ほど。
肉は小さい。この価格なら仕方無いが。

辛さ4。
スパイシーでほど良い辛さを感じる。


評  価:55
品  名:カニカレー
メーカー:キャメル珈琲
価  格:280円
具:トマト 紅ズワイガニ  具の大きさ:極小  具の量:小
カニは細かいのが無数に入っている。カニペーストによりカニの風味もある。
辛さはまぁまぁ。カルディはスパイスの使い方がうまい。第一弾珈琲カレーに
比べると格段に進歩しているようだ。

評  価:55
品  名:紅ずわいがに シーフードカレー
メーカー:新潟交通商事株式会社
価  格:不明
具:鮭 紅ずわいがに ホタテ いか エビ  具の大きさ:中大 具の量:中
おみやげで貰った謎メーカーのカレー。
ネットで一件もヒットしないので、レアな商品だと思われる。

加熱時間が書いてない。「レトルト袋のまま十分に湯煎し、」となっている。
こんなの初めてだ。5分ぐらでいいかな?

原材料の最初に鮭と書いてあったので、鮭が具のメインと予想していた
わけだが、開けてビックリした。鮭の切り身がどでんと横たわっている
ではないか。さ、鮭カレー?

カニはほぐし身でルーに散らばっている。
スライスされたエリンギ数枚に、イカX2、小エビ1匹を発掘。
なかなか具沢山だ。

ルーはさらさらタイプ。良いんじゃないかな。

評  価:55
品  名:高知県産 生姜のカレー
メーカー:高知県特産品販売会社
価  格:315円
具:しょうが 玉ねぎ 人参  具の大きさ:小  具の量:少
高知のお土産で貰ったカレー。
肉類が入っていない変わったカレーだ。
まずい肉入れるぐらいなら肉無くてもいいよね。コスト下げられるし。

微塵切りの生姜がたくさん入っている。
これの歯触りが楽しい。
生姜好きならアリだ。


評  価:55
品  名:三重県立水産高校 カツオのキーマカレー
メーカー:利八屋
価  格:486円
具:かつお  具の大きさ:極小  具の量:中
三重県立水産高等学校と共同開発をした商品。
チラシが同封されていた。
袋がビニールだ。珍しい。

150gと一般的なレトルトカレーに比べてちょい少なめ。
カロリーも110kcalと低め。

酸味が強い。好き。
カツオの風味がはっきりとわかる。

これはキーマにして正解だったな。
キーマにすればとりあえずおいしい。


評  価:55
品  名:豚と大豆と生姜のカレー
メーカー:高知県特産品販売株式会社
価  格:350円
具:玉ねぎ 人参 生姜 豚挽肉 大豆  具の大きさ:中  具の量:中
高知県産の食材で作られたカレー。
超びしゃびしゃカレー。

豆カレー好きにはたまらないかも?
大豆のほっこりさに生姜がピリッと突っ込んできて、米豚のうまみが
もわっと広がる。これはびしゃびしゃタイプにして正解だな。


評  価:55
品  名:北海道道産鶏のバターチキンカレー
メーカー:ベル食品
価  格:410円
具:鶏肉  具の大きさ:中  具の量:中
黄色い!
ベル食品はそこそこ安定したカレーを作る。

バターの風味が豊かで、クリーミーなカレーだ。
良いと思うぞ。


評  価:55
品  名:ウツボのカレー 中辛
メーカー:(有)浜ゆう  (製造は北都?)
価  格:648円
具:うつぼ にんじん 具の大きさ:小中  具の量:少
レア具材レトルト。
磯味。中辛と書いてあるが結構辛いぞ。

浜で焼いて食べるウツボはワイルドな味だが、煮込むとウナギ風な感じ。
皮周辺のゼラチン質が不思議食感。


評  価:55
品  名:くじらカレー 下関発文明開化の味
メーカー:マル幸
価  格:500円
具:ミンククジラ肉  具の大きさ:中  具の量:中
くじらのレトルトカレーは各地のを随分と食べたが、当たりに出会った
ことが無いような気がする。ルーのハズレが目立つんだよね。
今回は下関のまる幸商事って会社のカレー。水産物加工卸売ってことだし、
期待して良いかね?

ルーはびしゃびしゃタイプ。くじらカレーでは初めてかも。
まともに喰えるレベルだ。

肉質は上。これも珍しい。

なんだ、おいしいくじらカレー作れるじゃん。


評  価:55
品  名:??屋香りマサラカレー
メーカー:ハウス食品
価  格:120円
具:じゃがいも にんじん 牛肉  具の大きさ:中  具の量:中
低価格レトルト。??屋カレーの改良品らしい。
ノーマルの??屋カレーがどんなんだったか忘れてしまった。
しかしスパイシーな香りがアップしているようには思う。

低価格ゆえの満足さ。


評  価:55
品  名:黒にんにくカレー
メーカー:中弘クラフト
価  格:648円
具:玉ねぎ じゃがいも 人参 牛肉  具の大きさ:小  具の量:中
青森のおみやげ。
黒にんにくは白いにんにくを高温、高湿で一定期間熟成させたもの。
発祥は三重県らしいけど、今は青森でも作られているのだ。

さて、黒にんにくはどこかな? と探してみると・・・
これは人参、これはじゃがいも・・・見付からない。
どうやらペーストで入っているようだ。

全内容量の3%使っているそうなので、6g入っているのだな。
臭いはしないけど、うまみを出す為に役立っていると思われる。


評  価:55
品  名:神品至宝カレー
メーカー:ジョイフーズ
価  格:700円
具:白菜 豚肉  具の大きさ:中  具の量:多
博物館のグッズコーナーで見付けたカレー。
台北の國立故宮博物院にちなんだカレーだ。
「白菜は翡翠ではありません」「肉は石ではありません」と注意書きが
してある。わかってるってば。翠玉白菜と肉形石ね。

企画物のレトルトなんて買う前からハズレと思っていたのだが・・・
あれっ、思ったより具が多い。それに白菜のカレーは初めてかも。
あらら、結構うまいぞ。
700円も出せばやはり最低ラインはクリアしてくるか。


評  価:55
品  名:夢で見たカレー 中辛
メーカー:株式会社山小屋
価  格:378円
具:牛肉 たまねぎ にんじん  具の大きさ:小  具の量:少
夢でカレーを見たことはない。そんな夢を見るのは、余程の超カレー好きかカレー屋の
主人ぐらいだろう。
山小屋のカレーというよりは駅前のスタンドカレーを思い出すのだが、嫌いではない
類だ。
目立った具は牛肉2片のみ。肉質は低。

評  価:55
品  名:インドの仏
メーカー:タンゼンテクニカルプロダクト
価  格:630円
具:鶏肉  具の大きさ:中  具の量:中少
トーハクの「インドの仏」展で見付けた。二度と手に入らないレアレトルト。
それにしてもこのパッケージはなんだい。
八千頌般若波羅蜜多経 女尊 バレンドラ・ブーミ派 パーラ朝(11世紀頃)
と書いてある。
レトルトカレーマニアと仏マニアは被らないだろうし、これは売れなかった
だろうな。

企画展のレトルトなんて適当な所が作ってると思っていたのだが、製造は
タンゼンテクニカルプロダクトではないか。
小樽の会社で多くのスープカレーのレトルトを作っている所だ。期待しちゃう。

チキンが2片半入っていた。他の具は溶けている。色は赤い。
やはりインドカレーを意識して作ったのだろうか。ちょっと甘いしインドだとしたら
南だね。


評  価:55
品  名:まるごと野菜 なすと完熟トマトのカレー 中辛
メーカー:明治
価  格:358円
具:じゃがいも トマト なす  具の大きさ:大  具の量:中
トマトの風味が強い。
フライなすがジューシーでうまい。フライズッキーニも少し
入ってた。
中辛表記だが辛さは全く無い。酸味の強いカレー。


評  価:55
品  名:銀座チーズカリー 中辛
メーカー:明治
価  格:302円
具:牛肉 ソテーオニオン チーズ  具の大きさ:小  具の量:少
中のパッケージにはかるたが。コレクション性もあるね。

小麦粉ぷるぷるカレー。
溶けたチーズが見た目にも食欲をそそる。
モッツアレラチーズ58%使用とか。

具はほとんど無いけど、コクがあり食べ応えはある。


評  価:55
品  名:オリエンタルマースカレー レトルト版&辛口
メーカー:オリエンタル
価  格:220円
具:じゃがいも 牛肉 にんじん  具の大きさ:小  具の量:中
昔風の黄色いカレー。
まろやかさの秘密はマースチャツネにある。このマースチャツネのマースが
何かって言うと、Mango Apple Raisin Spiceの略だったりする。
レトルト版のほうはフルーティでまろやか、辛口はそれに少し香辛料が追加されて
辛くなっている。

評  価:55
品  名:ドアラカレー 大人って辛口
メーカー:株式会社オリエンタル
価  格:263円
具:じゃがいも 玉ねぎ にんじん 牛肉  具の大きさ:小中  具の量:中
中日ドラゴンズのマスコットキャラクター「ドアラ」とのコラボ商品。
オリエンタルの個性派カレーシリーズはいくつか種類があるのだが、それぞれ
違いがあるのだろうか。
オリエンタルと言えばマースチャツネである。食べる前から味の予想が付いて
いるのだが・・・

やはりいつものオリエンタルカレーだな。でもちょっと辛い。
この辛さが何由来なのかは不明。
肉質は並。

評  価:55
品  名:夏の元気!本気カレー! 具がごろごろ篠田家カレー
メーカー:ハウス
価  格:298円
具:じゃがいも にんじん 牛肉  具の大きさ:中  具の量:多
AKBカレーの中では一番ノーマルなカレー。
確かに具がごろごろしている。
ハウスのカレーが好きなら満足できるだろう。
従来のハウスカレーに生クリームがINだ。

肉質は中の上。赤身の柔らかさに脂身の旨みがしっかり。

これでAKBカレーを3種類食べ終わった。
順位はまゆゆきのこ65>篠田55>優子40となった。
結構差が付いたな。


評  価:55
品  名:素カリー 中辛
メーカー:明治製菓
価  格:不明
具:牛肉   具の大きさ:極小  具の量:極少
具は名前の通りほとんど入っていない。煮込んで溶けた具ではなく、
最初から極小の牛肉を入れているようだ。
味は同社の銀座カリーに似ている。少しハヤシっぽくもあるかな。
辛さはちょうどよい。

評  価:55
品  名:100時間かけたカレー
メーカー:MCC
価  格:440円
具:たまねぎ にんじん 牛肉  具の大きさ:小  具の量:少

100時間って多いのか少ないのか? 他のレトルトがどれぐらいの時間をかけて
作られているのかわからないからね。
煮込むのは放置しても大丈夫だから手間は掛からないとしても、家庭ではガス代
が心配なのは確かだ。

具は少ない。肉片が5つほど。
肉質は上。小さいけど低価格レトルトより格上だ。

甘めでスパイシーさは皆無だけど、素材が良いのかおいしく感じる。


評  価:55
品  名:大多喜たけん子村のたけの子カレー
メーカー:
価  格:3袋500円
具:たけのこ 人参 玉ネギ 牛肉  具の大きさ:中  具の量:多
メインの具はたけのこ。それ以外はおまけ程度だ。
和風カレーで辛さは控えめ。

右側のは500gバージョン。新商品かな?
こっちはたけのこが厚切りで、人参や肉も大きくなった。評価60
意外にもうまい。

評  価:55
品  名:ベジタブルカレー
メーカー:チャヤマクロビオテックス
価  格:480円
具:かぼちゃ、人参、赤パプリカ  具の大きさ:小  具の量:中
日影茶屋グループであるチャヤマクロビオテックスのカレー。
動物性原料、砂糖、化学調味料使っていない。
パッケージはそそらなかったけどまぁうまい。味も薄めで健康的なカレーだ。

評  価:55
品  名:銀座カリー 辛口
メーカー:明治
価  格:220円
具:牛肉 たまねぎ  具の大きさ:小  具の量:中
辛口と言いつつ甘いカレーが多いのだが、本商品はしっかりと辛い。

値段的にも味的にも一般受けは相当良さそうな感じがする。

しかし。個人的に日本風カレーは厳しい評価になってしまう。
おすすめではあるよ。

評  価:55
品  名:銀座カリー 中辛
メーカー:明治
価  格:280円
具:牛肉 ソテーオニオン  具の大きさ:小  具の量:中
前より美味くなったような気がするが、気のせいだろうか。
当たり前だけど、辛口よりも少し辛くない。
一般的な中辛よりは辛い。


評  価:55
品  名:豊後きのこカレー
メーカー:大分県椎茸農業協同組合
価  格:315円
具:椎茸  具の大きさ:中  具の量:中
中ぐらいの椎茸がどでんと5個入っていた。
椎茸が好きか嫌いかで評価の分かれるカレーだろう。
俺は好きでも嫌いでもないのだが、このキーマ風のルーがそこそこ気に入った。

評  価:55
品  名:6種野菜のさらっとしたカレー
メーカー:MCC
価  格:322円
具:たまねぎ にんじん セロリ  具の大きさ:極小  具の量:中
肉類不使用のカレー。
それではうまみが出ないではないか、と思いがちだが、多種
の野菜を使うことにより深みを出している。

トマト風味。ちょっと甘い。


評  価:55
品  名:プレミアムタイムビーフカレー
メーカー:ハチ食品
価  格:200円
具:牛肉  具の大きさ:中  具の量:少
ハチ食品から200円の商品が出た。ハチにしては高額である。

具は牛肉2片のみ。肉質は中の下。

具にコストをかけずルウに力を入れたと思われる。
4種のきのこのソースの面影は・・・多少感じる。
スパイシーでキノコっぽくて良し。

評  価:55
品  名:おうちdeカレー ブラックカレー
メーカー:ヤマモリ
価  格:129円
具:玉ねぎ 牛肉  具の大きさ:極小  具の量:極少
具が見当たらない。スープみたい。129円だからな。

この黒い色はどうやって出しているんだ?
カラメル色素だけでここまでなるかな?

この値段の割には満足。
硬めの米が合うと思う。
カツカレーやコロッケカレーにするのも悪くないだろう。


評  価:55
品  名:ほたてカレー 中辛
メーカー:青森県ぎょれん販売
価  格:480円
具:ほたて  具の大きさ:中小  具の量:5匹
以前食べた青森県ぎょれん販売のホタテカレーはほぐし身だったが、これは
丸ごと入っている。
ほたての旨みとにんにくがうまくマッチしているが、やや甘いかなと感じた。

「青森ホタテのホタちゃん」って名前のゆるキャラがいる。
オーバーオールを着た餃子かと思った。


評  価:55
品  名:函館海の幸カレー 中辛
メーカー:五島軒
価  格:400円
具の大きさ:中
具の量:中
具はマッシュルーム、エビ、アサリ、イカ。
五島軒シリーズは価格がやや高め。

海の幸がそれなりに入っている。レトルトなのでエビは黒いけどまぁ満足。

店舗でも一度は食べてみたいとは思う。


評  価:55
品  名:華味鳥 華味鳥カレー
メーカー:トリゼンフーズ
価  格:315円
具:鶏肉 玉ねぎ  具の大きさ:小  具の量:中
以前食べた同社の地鶏カレーに似ている。
華味鳥のもも肉が柔らかい。
水たき料亭のカレーって感じがする。

評  価:55
品  名:桜島鶏骨付きカレー
メーカー:さつま産業 (製造 なかむら)
価  格:850円
具:玉ねぎ 人参 骨付き鶏肉  具の大きさ:大  具の量:1つ
250gと通常のレトルトに比べて重い。骨の分?
湯煎時間が8〜10分と長いのもそのせいかな。

旨辛と表記がある。最近多いね。中辛より辛いのか、どうなのか?
それなりなスパイシーで巷の中辛よりは少し辛いかな。

メインの具は桜島鶏の骨付き肉。骨があることによってゴージャス感が
出る。


評  価:55
品  名:華味鳥 キーマカレー
メーカー:トリゼンフーズ
価  格:315円
具:鶏挽肉 にんじん  具の大きさ:極小  具の量:中
色が珍しい。乳白色ベースだ。
しかし味はしっかりと付いている。塩分やや濃い目。
キーマカレーと言うよりも、挽肉入り鶏がらスープって感じ?

評  価:55
品  名:華味鳥 手羽元カレー
メーカー:トリゼンフーズ
価  格:315円
具:骨付手羽元肉 玉ねぎ  具の大きさ:中  具の量:中
やはり鶏がらスープ味なんだな。
カレー+鶏がらスープ+鶏肉はトリゼンフーズのスタンダードだ。
やや味濃い目ながら飴色玉ねぎが嬉しい。

評  価:55
品  名:黒毛和牛ビーフカレー(宮崎県都城産)
メーカー:都城農業協同組合
価  格:473円
具:牛肉 たまねぎ じゃがいも にんじん  具の大きさ:小  具の量:中
具は小さめの立方体。もっと大きい方が一般受けはするだろう。
肉質は上。赤身が主。柔らかくて、噛むと肉の味がちゃんとする。

辛さはあまり感じない。蜂蜜、トマトペーストでまろやかな風味に仕上がっている。

評  価:55
品  名:スパイシーポークカレー
メーカー:中村屋
価  格:378円
具:豚肉 玉ねぎ デーツ  具の大きさ:小  具の量:少
具は少ないんだけど、ルーの完成度がそこそこなので満足はできる。
肉質は中。
中村屋はいつも安定している。

評  価:55
品  名:黒豚カレー
メーカー:沖縄ハム
価  格:399円
具:豚肉 ポテト 玉葱 人参  具の大きさ:小  具の量:中
中ぐらいの豚肉が2個入っていた。肉質は中の上。
ルーは安っぽい味だけど割と好み。

評  価:55
品  名:三崎まぐろカレー
メーカー:丸幸水産
価  格:600円
具:まぐろ  具の大きさ:中  具の量:中
神奈川県三浦市の「産直センターうらり」で購入。
三崎と書いて「さんき」と読む。

まぐろは5切れ入っていた。煮崩れもなくそれでいて柔らかい、普通においしく食べられる。
ルーは和風。あまりカレーっぽくないけど駄目ではない。

評  価:55
品  名:とんこつスープ バカ力カレー
メーカー:サンフラッグ
価  格:200円
具:殆ど無し
バカカカレーではなくて、バカヂカラカレーだよ。読みづらい。
93Kcalとかなり低カロリー。ダイエット食にも匹敵する?
水の代わりにとんこつスープを使うことによって、低カロリーでもコクを出すことに
成功したようだ。

評  価:55
品  名:里山やさいとチキンのカレー
メーカー:いすみ鉄道株式会社
価  格:1000円
具:鶏肉 カボチャ 里芋 レンコン 人参  具の大きさ:大  具の量:多
500g2.5人前ってのが持て余す量だ。

具の量が凄い。カボチャX2、鶏肉X6、サトイモX3、レンコンX2、人参1が
大サイズで入っていた。食べ応えありすぎ。

カレーは普通の小麦粉カレー。
若干味が濃い目だが、それでも後半飽きてきた。


評  価:55
品  名:野菜が主役のカレー
メーカー:アーデン
価  格:218円
具:じゃがいも にんじん 玉ねぎ 牛肉  具の大きさ:小中  具の量:多い
具沢山で汁っ気の少ない日本風カレー。 
ここは農林水産大臣賞受賞のカレーも作っている。

評  価:55
品  名:S&Bピアット メーヤウ キングオブタイカレー
メーカー:S&B
価  格:346円
具:じゃがいも 鶏肉 茄子  具の大きさ:大  具の量:中
今までのピアットは随分オイリーだったが、これはそれ程でもない。
そのせいだろうかピアットらしさが薄れている。
鶏肉はジューシー。じゃがいもは中までカレーが染み込んでいる。

評  価:55
品  名:台湾カレーミンチ
メーカー:オリエンタル
価  格:248円
具:挽き肉 玉ねぎ  具の大きさ:極小  具の量:中
でら辛と書いてある。でらは名古屋弁で強調を表すので、これは
とても辛いと予想。

パッケージ通りに玉子の黄身を乗せてみた。
程よい辛さ。ちょい汗が出る。

にんにくの風味があって男飯な感じ。


評  価:55
品  名:〆カレー
メーカー:ハウス
価  格:194円
具:にんじん みずくわい  具の大きさ:極小  具の量:少
飲んだ後に食べる用のカレー。
そんなわけで、レタスとチキンカツで1杯やった後に食べることにした。

具にみずくわいを使っている。レトルトでは初かな?
これは食感を演出する為のものだろう。ごはん入りなので具が立たないと
ふにゃふにゃでカレー粥同様になってしまうだろうから。

ご飯入りで150g
飲んだ後には丁度良い量だ。
やはり肝はみずくわい。これがあると無しじゃ大違いだっただろう。


評  価:55
品  名:奥州いわいどりカレー
メーカー:エスビー食品
価  格:貰い物につき不明
具:じゃがいも 人参 鶏肉  具の大きさ:中大  具の量:多
スーパーアルプス(八王子が本社)のオリジナルカレー。
具がゴロゴロと言えるレベル。
パッケージを見た感じだと高くない価格と見受けられる。それならば
満足度高いんじゃないかな。
意外にもスパイシー。


評  価:55
品  名:インド料理店の素朴な本場のカレー チキン
メーカー:えいこく屋
価  格:360円?
具:鶏肉  具の大きさ:小  具の量:少
タイトルが長い。
砂糖やラードを使っていないので、すっきりとした味わいが楽しめる。
にんにく、しょうがの風味に辛さが絡む。

評  価:50
品  名:白桃ピオーネカレー
メーカー:哲多すずらん食品加工
価  格:588円
具:もも ぶどう 鶏肉 マッシュルーム  具の大きさ:中大  具の量:中
作っているのは新見市の第三セクター。
やや大きめの鶏肉1つ、マッシュルームのホールが2つ、皮付きのピオーネが
2つ入っている。桃は見当たらないのでルーに溶け込んでいるのだろう。
甘い。にんにく、しょうが、バターでしつこさは消えているが、それでも甘い。
流行りのフルーツカレーとして食べるのなら、まぁまぁかなって評価になるのだろうか。

評  価:50
品  名:沖縄の食堂風 58CURRY ゴーヤーカレー
メーカー:(株)沖縄物産公社OK
価  格:315円
具の量は少なめ。大きさは小。目視できる具はゴーヤーのみ。
しかしゴーヤーの売りである苦味が消えてしまっているのが残念。レトルトだと仕方ないか。
辛さは中辛よりやや辛い。

評  価:50
品  名:日本橋古樹軒 ふかひれカレー
メーカー:古樹軒
価  格:600円
具:ふかひれ たまねぎ  具の大きさ:小  具の量:少
ベースはねっとり小麦粉カレー。
ふかひれは目視で確認できる大きさの物がいくつか入っている。高級食材だし、
この大きさと量には満足できる。
カレー自体は凡庸。

評  価:50
品  名:ペナン風チキンカレー
メーカー:TAJ FOODS(シンガポール)
価  格:399円
具:鶏肉 グリンピース  具の大きさ:中小  具の量:中
トマトベース。肉質はあまり良くない。
辛さ表記は4になっているが、そんなに辛いとは思わなかった。
にんにく、生姜、キャンドルナッツとペナン風の素材を使っているのだが、
どこか物足りなさを感じた。

評  価:50
品  名:神戸灘 吟醸こく味カレー
メーカー:白子
価  格:273円
具:じゃがいも 牛肉 人参
具の大きさ:小  具の量:中
白子のりがカレーを作っていたのか。
見た目は欧風キーマっぽい。
酒粕の風味が結構強く不思議な味だ。まぁ悪くはないかな。
神戸灘老舗料亭のまかないとかってキャッチフレーズだけど、まかないでこんなの
出るのだろうか?

評  価:50
品  名:地鶏カレー
メーカー:トリゼンフーズ
価  格:207円
具の大きさ:小
具の量:中
華味鳥の鶏ガラスープがベース。
鶏肉とさいの目状の野菜がメイン。鶏味濃厚過ぎてカレーっぽくないかな。
レトルトが破損して漏れていたので苦情の電話を入れたら、同商品を1箱送ってきた。
同じのをいくつも食ってる余裕は無いので、結局あちこちに配ることになった。

評  価:50
品  名:松阪牛ビーフカレー
メーカー:伊藤牧場(販売者)
価  格:432円
具:じゃがいも 玉ねぎ 人参 牛肉 具の大きさ:中  具の量:中
松阪牛なのに安い。
それは肉があまり入ってないからだ。これでは肉の味もわからんて。

カレーは標準的な和風レトルトカレー。
松阪牛である必要性も無いぐらいだが、銘柄牛を食べたって事実は残る
わけだ。


評  価:50
品  名:姫街道物語 本格的インドカレー 辛口
メーカー:鈴代商店
価  格:350円
具:豚肉 じゃがいも  具の大きさ:中  具の量:中
浜名湖で購入。
当時入鉄砲出女を防ぐために新居関所の通行が厳しかった。
そこを迂回するのが気賀宿、三ヶ日宿で、女性が多く利用したので姫街道
って名前が付いたのだ。
今はほとんどアスファルトの道路になってしまったと思われるが、所々に
痕跡がある。いつか歩いてみたい。

三方原のじゃがいもに浜名湖畔で育てた味一番特養豚肉を使用。
でもインドカレーと書いてある! なぜインドカレー?

食べてみたらインドカレーじゃなかった。
日本風の小麦粉カレーじゃん。なぜインドにしようとする?

このタイプの商品にしては珍しく結構辛口。
豚肉の肉質は中の下。ややパサ堅。
パッケージと姫街道って単語はそそったのだが凡庸なレトルトだった。残念。

評  価:50
品  名:クジラキーマカレー
メーカー: 共同船舶株式会社
価  格:540円
具:鯨肉 たまねぎ  具の大きさ:  具の量:
白地に金文字のイカしたパッケージ。
共同船舶と言えば、シーシェパードから妨害攻撃を受けているあの会社だ。

鯨の肉も、挽肉にしてしまえば他の肉と区別が付かない。
目瞑って食べて鯨肉と答えることができる人はどれぐらいいるか。
しょうがが強い。味も濃い目に感じるパンチのあるカレー。


評  価:50
品  名:北海道道産豚の角煮カレー
メーカー:新エヌケイフーズ
価  格:399円
具:豚肉  具の大きさ:中小  具の量:少
北の料理人斉藤正美監修。誰だろうこの人は。

豚の角煮は4つ入っていた。一辺が2.5cmぐらいか。
肉質は中の下。ギスギスして旨みに欠ける。
角煮カレーと言うならもっと角煮を極めて欲しい。

ルーは日本式。
低コストながらうまくまとめた感じ。

評  価:50
品  名:デミカレー
メーカー:エスビー食品
価  格:262円
デミグラスソースのカレーなんてまずいだろうと思っていたが、それほどデミデミしてな
かったので、普通に食べられた。
目視できる具は牛肉。脂身も多いが、スジスジ肉と比べたら脂身肉の方が良いかな。

評  価:50
品  名:新宿中村屋 インドカリー ホットスパイシー
メーカー:中村屋
価  格:278円
具の大きさ:やや大きい
具の量:やや多い
具はマッシュルーム(丸)、じゃがいも、豚肉。結構辛い。
中村屋は種類が豊富だな。

評  価:50
品  名:北海道カレー
メーカー:新エヌケイフーズ
価  格:400円?
具:じゃがいも とうもろこし しめじ  具の大きさ:中大  具の量:中多
大きいじゃがいもが1個どでんと入っている。これがメインの具で食べ応えがある。
しめじもなかなかの大きさ。コーンは大量に入っていた。

評  価:50
品  名:小岩井農場 チキンカレー
メーカー:小岩井ファームサービス
価  格:452円
具:たまねぎ 鶏肉  具の大きさ:小  具の量:少
トマトとココナッツミルクの風味が目立つ。
同社のチーズカレーが素晴らしかったので期待したのだが、どうもイマイチだった。
鶏肉がパサパサしていて良くない。
鶏肉の質を上げてチーズを入れれば良い商品になると思う。

評  価:50
品  名:郡上八幡美味礼賛 ポークカレー
メーカー:ベル食品
価  格:630円
具:豚肉 人参  具の大きさ:中  具の量:中
このシリーズは手作りっぽい包装が特徴。
ビーフの方はおいしかったのだが、こっちは甘さが目立つので評価を低くした。
甘いカレーは嫌いなんだ。
肉質は中。ブロック肉が3個程入っていた。

評  価:50
品  名:カリー屋カレー  大辛
メーカー:ハウス食品
価  格:125円
具:じゃがいも にんじん 牛肉  具の大きさ:中  具の量:中
辛いのは好きなんだけど、あまり辛すぎる某北極や某焼肉屋のレベル5辛麺
などは拒否反応を起こす。
だから大辛って言われると多少たじろいでしまう。

そんなに辛くなかった。ジャワカレー換算で4ぐらい?
黒くてサラサラである。
コストは掛かってないけどカレーっぽく仕上がっている。

評  価:50
品  名:カリー屋カレー 中辛
メーカー:ハウス食品
価  格:125円
具:じゃがいも にんじん 牛肉  具の大きさ:中  具の量:中
辛さ順位3の表記。

キャンプで作るカレーの味。
安定のハウスカレー。


評  価:50
品  名:LEE トムヤム風チキンカレー 辛さX10倍
メーカー:グリコ
価  格:270円
具:味付鶏肉  具の大きさ:中  具の量:中
具は鶏肉だけ。そこそこ大きい。

「レモングラスの爽やかな酸味」となっているが、レモングラスの
風味は全然感じない。辛みが強いからかな?
しかもトムヤムクンっぽくないぞ。

どちらかと言うと辛いのは苦手な方なので、10倍って数字を見ると
恐かったが、この商品はそんなに辛くないと感じた。
食べるのにちょうど良い辛さだ。


評  価:50
品  名:カリー屋コクデミカレー  中辛
メーカー:ハウス食品
価  格:125円
具:じゃがいも にんじん 牛肉  具の大きさ:中小  具の量:中
「デミ」って名前の付いたカレーに今まで当たりは無かった。
原材料の所を見ると、「デミグラス風ソース」と記載されている。
風? デミグラスソースですら無いのかな?

無難に食べられた。
コスパは高い。実売価格は100円切っているよ。


評  価:50
品  名:Vマーク コク仕込みビーフカレー 辛口
メーカー:シジシージャパン
価  格:97円
具:じゃがいも にんじん 牛肉  具の大きさ:中  具の量:中
Vマークバリュープラスの商品。
正直言って、Vマークの商品は積極的に避けている。
まずいから!

そんなまずいイメージを持って食べてみたら・・・
あれ、意外に普通だな。97円ならありなレベル。


評  価:50
品  名:家カレーお袋の味
メーカー:西木食品
価  格:350円?
具:じゃがいも 人参 豚肉  具の大きさ:大  具の量:中
大きなじゃがいもと人参が2つずつ、小さなサイコロ状のじゃがいも
が数個、豚肉の薄切りが入っていた。
ルーは粘着系日本式カレー。思ったよりは良いかな。

評  価:50
品  名:富山ブラックカレー
メーカー:廣貫堂
価  格:475円
具:野菜 豚肉 煮豆  具の大きさ:中  具の量:中
真っ黒。いか墨入りだ。

6種類の和漢素材が入っている。
ウコン・フェンネル・ハッカ・チョウジ・山椒・生姜
スパイスは27種類。
何やら色々入っているな。

独特の味。
ちなみに煮豆は嫌いじゃ。
豆カレーが好きな人なら良いかもしれない。


評  価:50
品  名:東京會舘のベジタブルカレー
メーカー:東京會舘
価  格:540円
具:じゃがいも にんじん 玉ねぎ マッシュルーム 具の大きさ:大  具の量:多
湯せん10〜12分と最長クラスの時間。具が大きいのが理由か。
具が多く汁っ気は少ない。

結構辛い。パッケージにはベジタブルカレーとしか書かれていない
ので、もっと甘いのをイメージしていた。
しっかりとしたカレーに満足。


評  価:50
品  名:噂の名店 プティフ・ア・ラ・カンパーニュ 欧風ビーフカレー
メーカー:S&B
価  格:339円
具:牛肉  具の大きさ:中  具の量:中
最近は人気店とのコラボが流行っている。
各社再現度の高いレトルトを出してくるので、ユーザーとし
ては嬉しいわけだ。

辛味順位5になっている。(S&Bでは一番辛い)
しかしあまり辛くないようだ。
それよりも甘さが突出している。砂糖の甘みか?

肉質は中の上。悪くない。

うーむ。やはり甘さがくどいな。
同シリーズのmandaraがおいしかったので期待したのだが。


評  価:50
品  名:男の絶品 旨辛カレー 辛口
メーカー:明治
価  格:262円
具:牛肉 ローストガーリック 具の大きさ:  具の量:
マカ入り!
パッケージのアンデスっぽい絵の所が立体的になっている。
これはマカの原産地であるアンデスを強調しているのだろう。

「男の」とか「マカ」とか「にんにく」とか、どうもチンコしか結び
付かない商品だが、味の方はどうかね。

おっ、結構辛いぞ。砂糖の甘みが★★ぐらいで、豆板醤の辛味が★★★★
ぐらいある。輪切り唐辛子も噛みしめればなお良い。

同じメーカーでも銀座カリーとは全然違う。
肉も平たいカットだし。

男味だ・・・
何度も食べたら疲れそう。

評  価:50
品  名:ユーグレナ入りグリーンカレー
メーカー:江崎グリコ
価  格:321円
具:なす たけのこ たまねぎ 味付き鶏肉  具の大きさ:中  具の量:中多
イトーヨーカドーのオリジナル商品。
ユーグレナの1日の推奨摂取量は500mgとされている。ミドリムシって
最近出てきた食材なのに推奨摂取量があるんだね。
この商品には300mgが含まれているので、6割ぐらいは摂取できることになる。

なかなか具が多くて良い。なすとたけのこに満足。

しかし、ユーグレナが300mg入っていたぐらいじゃ味も見た目も変わらないな。
普通のグリーンカレーだ。
ユーグレナ10g入れてみて下さい。


評  価:50
品  名:沖縄あぐー豚ポークカレー
メーカー:株式会社総合流通サポート
価  格:216円
具:玉ねぎ 人参  具の大きさ:極小  具の量:少
低価格&具無しってことで身構えていたが、具が無いことを除けば普通の
食べやすいカレーだ。
アピールポイントが見当たらない。
やはりあぐー豚の肉か。ちっちゃすぎるよ。


評  価:50
品  名:シタール 濃厚バターチキンカレー
メーカー:ハウス
価  格:324円
具:  具の大きさ:  具の量:
シタール(実店舗)のバターチキンを食べてからと言うも
の、他の店のでは物足らなくなってしまったのだが、この
レトルトはうまく再現できているだろうか。

色は似てるけど、なんかシチューみたい。
カレーっぽさが全然無い。
♪ハウスシ〜チュ〜ゥ〜ってフレーズが頭に浮かぶ。


評  価:50
品  名:マッサマンカレー
メーカー:ハウス食品
価  格:265円
具:じゃがいも 牛肉  具の大きさ:中  具の量:少
2013年にマッサマンカレーのブームが発生。その影響でマッサマンのレトルト
も数多く発売された。まずはハウスから攻めてみようではないか。

いままで飲食店で食べたマッサマンは全部鶏肉だったのだが、ハウスのは
牛肉なんだね。鶏肉なのは宗教的理由から来るものなので、日本なら牛肉でも
いいのかね? それじゃぁマッサマンと呼べないような気もするが。

ルーはびしゃびしゃタイプ。
本場のは甘辛さが際立っているのだが、これは強い甘みも感じず食べ易い。
ココナッツミルクでタイカレー風に仕上がってはいるものの、具も少ないし
普通のタイカレーになってしまっている。


評  価:50
品  名:バターチキンカレー
メーカー:ヤマモリ
価  格:105円
具:鶏肉  具の大きさ:極小  具の量:少
キーマカレーよりも小さい具。
この価格では具を入れるのは難しいのだろう。
ちゃんとバターチキンしているが。


評  価:50
品  名:六三郎のまかないカレー
メーカー:大塚食品
価  格:262円
具:たまねぎ じゃがいも にんじん 牛肉  具の大きさ:中  具の量:やや多
大塚食品のロングヒット商品。
結構前からあるのだが、なぜ今まで食べなかったのかって言うと、価格の安さと
道場六三郎のネームのせいだ。この2つの要因で買う人が多い=味は大したこと無い
って先入観が強烈にあった。
たまたま北野エースの福袋に入っていたので、今回やっと食べることになったのだ。
ちなみに電子レンジ調理可だよ。

そんな訳である意味楽しみにしていた。
見た目は給食カレー。なのにびしゃびしゃタイプ。
スパイシーさは皆無。和食のまかないだとこんなカレーになるのかな。
カレーとしては微妙だけど、具がそれなりにしっかりとしているし、カレー風の何か
と思えばそんなに悪くない。

評  価:50
品  名:大人のためのタイカレー トムヤムカレー
メーカー:不明  (販売:北野クリエイション)
価  格:350円
具:キハダマグロ ライムの葉 赤唐辛子  具の大きさ:中  具の量:中
キタノセレクションってことで期待して購入。
一般的なレトルトカレーってのは200gなんだけど、これは120gしかない。

トムヤムとカレーって組み合わせは飲食店だとあまり見掛けない。
これは苦手な人もいるだろう。カレーなのに酸っぱいからね。
酸味と辛味のせいで御飯の消費は早い。結構辛いよ。120gで足りた。

期待ほどではなかったが、いきなり変り種から攻めたのが原因かも。
全部で8種類あるので順次食べていきたい。


評  価:50
品  名:ワインカレー
メーカー:宮崎経済連直販
価  格:330円
具:じゃがいも にんじん 牛肉  具の大きさ:中  具の量:中
見た目はビーフシチュー。
そして味は・・・味もカレーと言うよりビーフシチューやハヤシに近いよう
な気がする。
ワインの味や風味ははっきりと感じることができるけど、ややしょっぱい
ような?


評  価:50
品  名:キハカレー チキン
メーカー:いすみ鉄道株式会社
価  格:482円
具:玉葱 馬鈴薯 りんご 人参 鶏肉  具の大きさ:中  具の量:中
いすみ鉄道の御当地カレー。現地でしか買えないレアレトルト。
キハ30だそうだ。
昔風ぷるぷる小麦粉カレー。
この手の昔風カレーも好き。たまに食べたくなる。
肉質は・・・肉がほとんど入ってなくて判別不能。


評  価:50
品  名:酒蔵のまかないカレー
メーカー:きのえね農園
価  格:不明
具:玉ねぎ 鶏もも肉 ダイストマト 酒粕  具の大きさ:中  具の量:中
300年続く蔵元、酒々井飯沼本家のレトルトカレー。
たぶんレアだと思われる。

薄味。
粒々玉ねぎがたくさん入っている。
カレーの味は弱めでパンチ力に欠ける。良く言えばまろやか。


評  価:50
品  名:熊野牛肉カレー 辛口
メーカー:大西食品
価  格:880円
具:牛肉  具の大きさ:大  具の量:中
以前梅カレーを食べて期待ハズレだったメーカー。
メインの具は牛肉。他の具は溶け込んでいて認識ができない。
肉質は上の下。脂身を含んでいてそこそこジューシー。
ルーは梅カレーとあまり変わらず。辛口って書いてあるんだけど全然甘い。
フルーツ系の甘さが突出している。甘口のカレーにカレー粉を足して無理矢理辛く
させようとした感じだ。

評  価:50
品  名:うらじゃカレー
メーカー:瀬戸農産物加工企業組合
価  格:525円
具:たまねぎ 牛肉  具の大きさ:小  具の量:少
うらじゃは吉備の国に伝わる鬼退治の説話で、現在では釜を鳴らす神事が行わ
れているようだ。漢字では温羅と書く。
ぱっと調べた所、主人公の鬼が味方なのか敵なのかわからなかった。

備前黒牛使用。肉質は良いのだが、小さいのが2片入っているだけだった。
他はたまねぎがうっすらと入っているぐらいで、食べ応えはあまり無い。

ルーは日本風の中辛。そこそこの量のたまねぎが溶けていると思われる。
そのたまねぎのおかげで多少深みがあるかな。

評  価:50
品  名:ら・ふらんすカレー
メーカー:後藤屋
価  格:630円
具:ラ・フランス 豚肉 人参 玉ねぎ マッシュルーム
具の大きさ:中  具の量:中
高畠はまほろばの里と呼ばれている。そこで作られたラ・フランス入りのカレーだ。
ラ・フランスはやや大きめのが1片。豚肉は小さいのが4片ほど。人参は2切れ。
マッシュルームは小さめのホールが1つ入っていた。
辛さはほとんどない。ウスターソース、にんにく、しょうがで味を整えてある。
同社のさくらんぼカレーと同じ出来だったらどうしようかと思ったが、こっちのは
まぁ食べられる味である。
まほろばって感じの味だね。←どんな味だよ


評  価:50
品  名:ピアット なす・まめカレー まめ蔵監修
メーカー:S&B
価  格:346円
具:なす 人参 ひよこ豆 赤えんどう豆  具の大きさ:小  具の量:中
最近のピアットはオイリーなのが少なくなった。
このなす・まめカレーも辛さ控えめ油控えめのマイルドな味になっている。
少し物足りなさは感じた。

評  価:50
品  名:五島軒 函館カレー 中辛
メーカー:五島軒
価  格:368円
具:じゃがいも 人参 豚肉  具の大きさ:中小  具の量:中
数多くある五島軒シリーズの中で最も基本的なカレー。
肉質は低。豚肉なのにパサパサしている。じゃがいもはおいしい。
意外にもククレ・ボンと同系統の味。具材は多く使われているけど、この価格では
満足できない。

評  価:50
品  名:銀座4丁目スエヒロ 和牛ビーフカレー
メーカー:スエヒロ商事株式会社
価  格:630円
具:牛肉 じゃがいも 人参  具の大きさ:中  具の量:中
高額レトルトカレー。
牛肉は小さい。じゃがいもと人参は大きめ。
ウスターソースとケチャップが基本。バナナが隠し味。
具もルーも味が濃くて、喉がひりひりする。

評  価:50
品  名:国立薬膳カレー チキン
メーカー:こだわり食品株式会社
価  格:525円
具:じゃがいも にんじん 鶏肉  具の大きさ:大  具の量:やや多
増粘剤、ラード、小麦粉は使用していないと書かれてある。何だか好感持てるぞ。
裏には使用されているスパイス30種類の名前が全て記載されている。この部分を
誤魔化しているメーカーが多そうだと思われるので、これも好感持てる。

意外にも辛さは結構ある。
うまみがあまり感じられないのは薬膳カレーだからか。少し好みから外れた味だ。

評  価:50
品  名:恵比寿三越オリジナル エビスカレー
メーカー:三越
価  格:399円
具:じゃがいも まいたけ にんじん 牛肉  具の大きさ:小  具の量:少
恵比寿三越の開店10周年を記念して作られたカレー。限定2000個。
具は少なめ。まいたけはほんの少し確認できた。肉質は中の下。
ルーは一般的な安レトルトと変わらない。
隠し味でエビスの黒ビールを使っているのが面白い。それで+5点かな。

評  価:50
品  名:富岡製糸場工女さんも愛したカレー
メーカー:高田食堂
価  格:2食入り700円
具:豚肉 たまねぎ  具の大きさ:中  具の量:中
工女さんも愛したカレー?
どうやら製糸場の近くに高田食堂ってのがあるようで、そこのカレーを
指すようだ。
ちなみに箱の大きさは製糸場を作る時に使った煉化石と同じ大きさだって。

純和風ねちゃねちゃカレー。ほんのり辛め。
確かに食堂のカレーって感じがする。


評  価:50
品  名:私の彼は坂本龍馬
メーカー:西村謄写堂
価  格:463円
具:じゃがいも 玉葱 人参  具の大きさ:中  具の量:中
高知空港ビルで購入。
彼をカレーとかけている脱力なネーミングからして味の想像も付きそう
な感じ。
おまけシールが付いているけど、これ欲しい人いるのだろうか。

パッケージを見るとカレーより前に坂本龍馬が描かれている。そのおかげで
カレーが半分ぐらい隠れて見えないぞ。ってことはこの商品は坂本龍馬が
メインでカレーはおまけなんだね。

おまけのカレーはボンカレータイプ。
ノーマルなカレーで安心した。


評  価:50
品  名:ジャガバターカレー 中辛
メーカー:三越伊勢丹フードサービス
価  格:378円
具:じゃがいも にんじん 牛肉 とうもろこし  具の大きさ:小中  具の量:中
じゃがいもはメークイン、牛肉はしほろ牛が使われている。
しほろ牛って始めて聞いた。士幌高原で育った牛らしい。肉質は中の上。

バターの風味が強い。
具にコーンが入っているのは、コーンバターからの発想?
じゃがバター&コーンバターだね。


評  価:50
品  名:ニューピオーネカレー
メーカー:瀬戸農産物加工企業組合
価  格:525円
具:玉ねぎ ぶどう にんにく  具の大きさ:  具の量:
パッケージの写真って「これはイメージです」って盛ることが多いと思うけど、
この商品はパッケージ通りである。

ピオーネは3粒入っていた。
葡萄の甘みはカレーに負ける。
僅かに甘さが感じられるが、葡萄も玉ねぎも大して変わらん。


評  価:50
品  名:厚切り椎茸とシメジのきのこカレー
メーカー:宮崎経済連直販
価  格:360円
具:乾しいたけ シメジ 鶏肉  具の大きさ:中  具の量:中
しいたけ3つ確認。乾燥しいたけの水戻しで、そこそこの大きさ。
宮崎県のしいたけは主に標高1000mの山間部で作られているそうだ。
生産量は全国第2位。

ルーは普通。


評  価:50
品  名:ドライキーマカレー 中辛
メーカー:S&B
価  格:262円
具:玉ねぎ 人参 赤ピーマン グリンピース デーツ  具の大きさ:極小  具の量:中
クラッシュナッツ(アーモンド)のトッピング付き。
ドライキーマカレーってのはドライカレー+キーマカレーのことだろうか?
やや甘辛い。牛脂豚脂+砂糖の下品な味をしょうが&にんにくで何とか整えている
感じだ。

評  価:50
品  名:ピアット 自由軒
メーカー:S&B
価  格:346円
具:牛肉 たまねぎ  具の大きさ:小  具の量:小
箱に入れないで加熱するようだ。今までのピアットはカレーが飛び散っていたけど、
どうやら改良されて箱無しでできるようになったらしい。
自由軒のカレーは嫌いなので、再現性が悪ければ本物よりもうまいんじゃないかな、
と期待してみたら・・・うん、本物よりもこっちの方が好きだ。
卵黄はルーにあらかじめ入っている。後がけのウスターソースは店のと同じ物のようだ。
牛肉の質はあまりよくない。

評  価:50
品  名:黒部名水ビーフカレー 辛口
メーカー:カントリーキッチン
価  格:504円
具:牛肉 玉ねぎ  具の大きさ:小  具の量:少
牛肉は小さいのが3つ入っていた。肉質は赤身で中の下。
ルーはスープカレー並のサラサラタイプ。
辛さはそこそこあってカレーっぽいのだが、もう少し具が欲しい所だ。

評  価:50
品  名:近江牛カレー
メーカー:大吉商店
価  格:840円
具:牛肉(滋賀産) 具の大きさ:中  具の量:中
目視できる具は牛肉のみ。肉質はまぁまぁ。脂身も多いが、赤身の部分も軟らかい。
ルーは小麦粉ふわふわタイプ。辛さはほとんど感じられない。各種エキスと砂糖の
味が若干強い。
240gなので通常の商品より少し量が多い。

評  価:50
品  名:ザ・ホテルカレー 芳潤ワイン仕立て
メーカー:ハウス食品
価  格:198円 (オープン価格)
具:玉ねぎ 牛肉  具の大きさ:小  具の量:中
濃厚なルーの隠し味は赤ワイン。
ちょっと甘いのが残念だが、ホテルカレーって言われるとしっくりとくるような
気もする。

細かい牛肉と玉ねぎに甘口のタレ。
はっ、これは2日目のすき焼きではないか。
日本人の大好きなすき焼きだよ。半熟卵を添えて食べよう。

評  価:50
品  名:名古屋コーチンカレー
メーカー:三越伊勢丹フードサービス
価  格:473円
具:鶏肉  具の大きさ:中  具の量:少
鶏肉は中ぐらいのが3つ入っていた。肉質は中。
この商品の目玉である名古屋コーチンだが、特に感じるものはなかった。

辛さは辛味順位表で3となっている。ほんのりピリ辛程度。

評  価:50
品  名:房州産びわカレー 中辛
メーカー:とみうらOTB
価  格:450円
具:玉ねぎ 人参 豚肉  具の大きさ:小  具の量:少
びわピューレ使用。
以前食べたびわカレーは甘かったのだが、これは中辛ってこともあり程よい辛さ。
びわの風味はその分少ない。
カレー的にはその方が良いのだが、じゃぁカレーにびわ入れるなよってことに
なってしまい、商品が根本から否定されてしまう。
サブリミナル効果っぽくびわを使って欲しいね。「あっいたんだ。」みたいに。

溶けるか溶けないか微妙な玉ねぎが良し。

評  価:50
品  名:マーボーカレー コクの中辛
メーカー:ハウス
価  格:約200円
具:豆腐  具の大きさ:  具の量:
「テイルズオブ」シリーズに登場する人気料理。
麻婆豆腐とカレーをまぜたら気持ち悪いだろうと思うのだが、思ったよりゲテモノな
感じはしなかった。うまいかも?
しかし自分で作ろうとは思わない一品だ。









変なレトルトカレーを求む。
これは! ってのがあったら手土産よろしく。